Since 2023.5.8  6.23~記事ネタ考案の為、新規更新を一時中断~

熱燗がグレードアップ ヒレ酒 あるよ!

どーも。「オフィサーGG Jr.」です。

これから夏だっていうのに、熱燗の話題ですみませんが、

お付き合いください。

今回は“ザ★ グレードアップ オブ アツカン(熱燗)”の ヒレ酒についてお話させてください。


なんか“ザ★ グレードアップ オブ アツカン(熱燗)”って片言の英語みたいですねw

英語しゃべれないまさに私を表す言葉って感じですわ。オヨヨ(泣)

★概要

ヒレ酒 小噺

  • ヒレ酒とは日本酒の熱燗にフグのヒレを入れて楽しむお酒のこと。
  • トラフグのヒレの方が高いが、出汁,香りともに美味しいと私は思う

〇ヒレ酒との出会い~黄桜パッケージの伊藤博文ってすごいね~

  • 冬。12月~1月ぐらいになるとスーパーやリカーショップに並ぶヒレ酒セット。
  • 伊藤博文とは初代内閣総理大臣。無類の女好きとしても有名だが、美食家としての顔も持つ。
  • 安酒が出汁の効いた美味い酒をグレードアップ

オフィサー流!?ありふれたヒレ酒クッキングコーナー

  • 日本酒180mmL~200mmL ざっくり1合分。
  • フグヒレをオーブントースターとか、グリルで焙る。弱火必須!
  • 熱燗を作る。瓶ごと湯煎、もしくはレンジで温めよう!

★オフィサー 一口メモ

オフィサーGG Jr.
オフィサーGG Jr.

冬の寒い時期にはコイツが恋しくなります。熱燗自体がアルコールを飛ばしているので

二日酔いになりにくいってメリットもありますよ。

本編スタートです。

熱燗をグレードアップさせて飲んだことってありますか?

私は焙ったフグヒレを入れて飲むヒレ酒が好きなのだ

日本酒好きから言わせると、

おいおい!熱燗にするだけで少し香り飛んじゃうのに、フグヒレなんて入れたら

その日本酒特有の繊細な香りが飛んじゃうじゃないか!?

っという意見を持ちの方もいらっしゃるだろう。

ヒレ酒 小噺

ヒレ酒とは日本酒の熱燗に美味しい出汁の出るフグのヒレを入れて

楽しむお酒のこと。ちなみにフグのヒレに毒がなく、美味なのは

トラフグ、シマフグの2種類だそうで、私はどちらも好き。

価格はやはり知名度が勝るのか、トラフグのヒレの方が高い。

だが、トラフグのヒレの方が出汁,香りともに美味しいと
私は思う。

ヒレ酒との出会い~黄桜パッケージの伊藤博文ってすごいね~

Barで日本酒、ましては熱燗なんて飲むはずもなく、居酒屋でのむ熱燗は

たいてい徳利にはいっているので、ヒレ酒で出会うことはなかった私。

冬。12月~1月ぐらいになるとスーパーやリカーショップに並ぶヒレ酒セットに

目を奪われた。

黄桜の熱燗でフグヒレがセットになっているワンカップだ。

【黄桜】春帆楼 ふくのひれ酒カップ

伊藤博文といえば、

初代内閣総理大臣。無類の女好きとしても有名だが、美食家としての顔も持つ。

っとそんな歴史マメ知識が思い浮かんだ私にとって、

そのパッケージは病的な興味をそそるものであった。

それこそが、私と熱燗の“グレードアップ オブ ヒレ酒(ザケ)”の出会いであった。

純米酒でもない、安い日本酒が 飛び切り燗(とびきりかん)である55~60℃ぐらいまで温めて、あらかじめ焙っておいたフグヒレを入れて香りが飛ばないように小皿で蓋をする。

そして、

約30sec待つ。

それだけで安酒が出汁の効いた美味い酒をグレードアップしちゃうのだ。

ちなみに、スルメとかエイヒレとかを入れて試したみたけれど、

どれも出汁は申し分なく出るのだが、魚臭さを際立っちゃうのでお勧めできない。

ここで!オフィサー流!?ありふれたヒレ酒クッキングコーナー

材料!

・日本酒180mmL~200mmL ざっくり1合分。

→ワンカップの瓶を使いましょう。

・フグヒレ

作り方!

・フグヒレをオーブントースターとか、グリルで焙る。弱火必須!

→ヒレの先っちょが少し焦げるくらいしっかり焙りましょう。

・瓶ごと湯煎、もしくはレンジ(600W 1分20秒くらい)温めよう!

→ヒレの焙り完了と温め完了時間を合わせるのがポイント!?

・焙ったフグヒレ(熱いのでお箸でつまんで!)を熱燗へ

ダイブ イン ザ ニホンシュ!

丁寧に、かつしっかり焙っていれば、ダイブした瞬間・・・

「ジュ!」って音がします。

これうまくあぶれた合図です。はい。

・小皿で蓋をして約30sec待って。

できあがり!

寒い冬はこいつが恋しくてたまりません。

是非お試しを。

ちなみに熱燗自体がアルコールを飛ばしているので

二日酔いになりにくいってメリットもありますよ。

最後まで拝読いただき、ありがとうございます。

コメント欄に熱燗の飲み方などについてのこだわりなど、感想

書いていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です